E Food Coin について

食産業コイン誕生 E Food Coin

未来の食産業コイン

世界のビッグデータを活用した新世代のブロックチェーンセキュリティは共存協生により事業の価値を高め続け世界の食を通じて社会貢献に寄与発展する。

E Food Coinの概要「White Paper v1」(pdf)


E Food Coinの開発を開始、ブロックチェーンを操作するスマートコントラクトのセキュリティの脆弱性課題対策を行い、ハッキング事前対策機能の開発を取り入れた

新たなスマートコントラクトを開発、新仮想通貨を誕生させました。

また、次年度より、現在のブロックチェーンの課題を改善した独自のブロックチェーンを世界に公開していく予定です。

今回私どもEFoodCoinの事業ワーキンググループであるiCE R&Dは、ビットコインより早い処理が行えるイーサリアムのブロックチェーン構造を検証し、

ETH(イーサリアム)に最適化した食産業で使える「E Food Coin」をフランスにて開発しました。

ERC20に準拠したフランス産EFoodCoin

ICOを今年12月予定しております。


未来の食産業コイン Food Coin

主な事業取組

ミッション

命をつなぐ貢献を何気なく行える仕組みをE Food Coin は実現させます。

食とブロックチェーンの活用で新しい時代が見えてきています。

「食」は命の源であり、私たち人間が生きていくために食は欠かせない。

は命の源。健康であればたくさん食して、消費力が生産を高め、資産が増えるものと思います。

健全な食生活を日々実践し、おいしく楽しく食べることは、人に生きる喜びや楽しみを与え、健康で心豊かな暮らしの実現に大きく寄与するものです。E Food Coin でできることは、未来に命をつなぐ食生産現場の革新の支援から世界の消費者へ安全な食をとどけながら、多くの素晴らしい食を紹介して行きます。

 

 

食コミニュティのブロックチーンネットワークを構築

主要取り組み事業分野

健康食品市場、ベジタリアン市場、オーガニック市場、ハラル市場、美容食市場、アレルゲンフリー食品場の分野に注力した取り組みを行います。

 

 

EFood Coinの経済的な強み

私どもEFood Coinのファウンダーおよびプレミアムコインホルダーは、各種食産業の専門家が多く、国内海外における生産から加工、貿易、小売、FC、ECサイトなどにおいて長い実績のある方々です。国内海外のバイヤーや生産者、小売店業者とつながり、世界から安く良いもの探しています。また、世界の消費者は、食文化やトレンドなどの要因とあわせて必要な食物を探しています。EFOODでは、注力市場での生産者と消費者でのつながりでの決済システムの提供や貿易と売買での利益、生産から消費までのロス削減において得た利益などを収益とします。

消費市場で売れる商品を作り出していく調査研究を世界のEFoodCoinホルダーのコミニュティとつながり、消費をスマートにして行くことで新しい仕組みを提供することで全体の利益をつくりだしていきたいと思います。

EFoodCoinホルダーの生産者のもつ商品を世界へ紹介していくことも、私どもの務めとして努力いたします。

 

私どもおよびコインホルダーの皆様とサスティナブル食産業へ貢献していきたいと思っています。


(プレセール販売期間)2018年7月1日から11月30日

2018年7月1日〜8月14日 ボーナス50%
8月15日〜11月30日          ボーナス30%
2018年12月1日〜2019年1月7日(ICO上場)ボーナスなし

初回販売価格 1EFoodCoin=0.00005ETH (約2.9円)
ICO時公開販売価格(10倍設定)1EFoodCoin=0.0005ETH  (約29円) 2019年1月より